株式会社 中勢ゴム
TECHNOLOGY&QUALITY&ENVIRONMENT
IT化による最先端技術
品質向上をめざして
環境保全への取り組み
製品紹介
ボディーシーリング製品
機能部品製品
その他製品
製品開発から生産まで
会社概要
沿革
生産拠点
先輩社員紹介
お問い合わせ
CHUSEI GOMU CO.,LTD.
先輩社員からのメッセージです。

技術部 設備開発・製造技術室
室長 村田 道則 
(鈴鹿高専 卒業生)


1.現在の仕事
  私の仕事は、ウェザーストリップ製品を製造する設備の設計、製作、改造、改善、管理、整備、修理を実施することです。
ウェザーストリップ製品とは、車をホコリや雨から守るシーリング部品です。
入社からずっと、ホースとウェザーストリップ製品について生産設備関係の仕事に携わり、気が付けば、29年勤めることになりました。
2.仕事へのこだわり
  苦労して導入した設備については、やはり思い入れが強いてすね。当社で初めて導入したUHF式加熱装置については、ゴムを内部から発熱させ、加硫時間を短縮化する画期的な装置でした。量産機の現地調査やUHF製作メーカの調査、設置後の試行改善など、深く追求できた仕事でした。この仕事については、達成感、思い出が今でも残っています。
仕事の達成感を味わうには、無駄のない進め方で限られた時間内を進め、自分の力が、発揮できるよう知識と技能を身に付けておくことが大切である。
3.メッセージ
  自動車部品は4年に1回のフルモデルチェンジがあり、その都度、新しい設備の導入があります。しかも 年間3〜4件の新製品の設備を受け持つため、多忙な毎日です。しかし,苦労した内容が年々蓄積され、自分自身の財産となります。社会での成長も十分に期待出来る職種です。
学生の皆さんには、何にでも、好奇心を待って広い視野で物事に取り組んでもらいたい。そして、その事が、社会人になってから大変役に立つと思います。

技術部 後加工・金型技術室
係長 伊藤 輝幸 (金沢工業大学 卒業生)

1.現在の仕事
  クルマには雨やほこり、騒音等から守る為にウェザーストリップという製品が組まれています。例えば、ドア周りやサンルーフ、ボンネット等、多くのウェザー製品が組まれています。その多くは接続品であり、ドアやサンルーフに組み付く製品は輪(ワッカ)にする必要があります。前工程である押出し工程で加工された押出し品の金型を使用し接続します。私の仕事はこの金型の調整(チューニング)に携っております。生産準備時に金型の仕様を考えたり、押出し品に合わせ金型の切削、溶接等を行ったり、修理やメンテナンス等、金型全般に関わる仕事をしています。
2.仕事へのこだわり
  まず1番に思うことは、ユーザーを満足させる製品をつくる事。いくら自分自身が満足していても顧客に認めてもらえなければ、良い製品だと言えません。次に考えるのが工程内での作業のし易さ、不良がでない仕様、壊れない金型、等を常に考えて仕事に取り組んでいます。これらに必要なのが「あきらめない」という考えです。四六時中、金型と向き合って悩んだりする事もしばしばあります。しかし達成した時の喜びは非常に大きく、一生忘れる事ができない思い出となるでしょう。
3.メッセージ
  学生の皆さんは学校で専門的分野を学んでいると思います。もちろんプラスにはなると思いますが、視野を広げ色々な事に興味を持つ事も大切だと思います。わたしたち金型技術室に於いても、金型だけでなく、数種類の成型機や色々な機械を使用する為、機械や電気、空気などの知識も必要となってきます。仕事では常に「なぜ?」と思う事が大切であると思います。そこから自分自身が納得いくまで答えを探す事により色々な事が身につくと思います。みなさんには、何にでも対応できるオールマイティを目指して、頑張ってもらいたいと思います。

技術部 設備開発・製造技術室
田中 宏昌 (愛知工業大学 卒業生)

1.現在の仕事
  設備開発・製造技術室では、以下の業務に携わっています。
@新製品を生産するための機械の仕様検討及び手配
A作業性を上げるための冶具、品質を安定させるための冶具の製作
B完成品の最終確認をするための検査冶具の作成
C新製品を立ち上げるため、工場内の改善
仕事の幅が広く、ボリュームも多く感じますが、新製品を立上げる(生産準備)上で、大変重要な仕事です。
2.仕事へのこだわり
  治工具製作時は、「早く正確に」をいつも心がけています。早く製作できても長さなどが違っていては修正したり、作り直しなど余計に時間がかかってしまうからです。
設備の仕様を考えるときは、まず、作業性を第一に考え、良い製品ができ、工程設計にみあった機械になるように心がけています。
3.メッセージ
  私自身が目標としていることは、豊かな経験と知識が必要なため、たくさんの人の意見を聞き、より良い製品を作るために、自分の技術をレベルアップしていきたいということです。
仕事を通じ知ることもたくさんあるので、どんな人でも少しの好奇心さえあれば、いろんな情報を得て、それを自分のものにし、どんどん成長していける魅力ある職場です。
ぜひ一度、いきいきとした会社の雰囲気を昧わってみてはどうですか?
このページの先頭へ
トップページへ戻る
Copyright (C) 2006 CHUSEI GOMU CO.,LTD. All rights reserved.